読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イドフリミエログ

場末のサックスプレイヤーから見える風景

Sax Quartet METEORは流星と共にやってくるのだ!

JAZZ サックス スポーツ 吹奏楽 音楽

もうすぐ黄金週間。

ここ数日は気もそぞろ、仕事も手につかずって方も多数おられるのではないでしょうか。

はっきり言ってもう惰性で仕事してるって方、素直に挙手!

 

私の方はというと、4/29の織田記念国際が気になって、昼も寝られません。

だって桐生が日本人初の9秒台を出すかも。

歴史に立ち会う瞬間です。コンディション整えば絶対に出る!要チェック!

 

ついでに言うとこの織田記念、5000m、10000mの五輪選考も目が離せません。

期待の安藤有香、清田真央は是非良い結果を出して、ぎふ清流ハーフで最高の笑顔を見せて欲しいです(私もエントリー予定)。

はい、トレーニングしなきゃ。今日走ろうと思ってたら雨が…(言い訳)。

 

さて本題。

あれは忘れもしない、いつだったか、って忘れとるやないの!(団長すんません)、

去年のお盆だったかな、飲みの席でひっそりとサックスカルテットが結成されたのであります。

 

メンバーは以下の通り。

・ただでさえ美しい音色に最近更に磨きがかかっている小森伸二

・精力的な活動と人望で支持篤く、そのうち岐阜市会議員になっちゃいそうな中山順次

・容姿端麗、音楽端正、 そのうち岐阜市会議員妻になっちゃいそうな真室香代

・今回のカルテット言い出しっぺで、皆の優しさに甘えて続けている不肖、平井尚之

 

といった顔ぶれ。

尚、このときまだカルテット名無し。

 

そもそも、ホテル木曽路さん(ここの露天風呂圧倒的。馬籠・妻籠にお寄りの際は是非、と宣伝しつつそろそろ呼んでください)からの依頼演奏の為に急遽結成したのですが、これがこのメンツが意外と打ち上げが面白くって。

結局その後も何箇所かで演奏させていただく機会にも恵まれました。

 

すると、ま、当たり前ですけど、名無しでは紹介のしようが無いので困る、と。

「じゃ、サックスカルテット木曽路で」ってやってたんですけど、木曽出身と間違えられ、事の成り行きを説明するのに非常に手間がかかる上に、あんまウケない(苦笑)。

今後も活動するなら名前ちゃんとしなきゃね、なんて言っていたら、なんと、我々の本番の日に合わせて流星群が来ていたという衝撃の事実が発覚したのです。

ここ四半世紀ほど流星群に興味を示したことはなかったのですがね、向こうがその気なら、その意気に応えないでもありません。

とうとう宇宙が我々に気づき始めたか。

 

と、言うわけでSax Quartet METEOR(サックスカルテット・ミーティア)と名付けましたとさ。

METEORは流星。shooting starじゃないのがちょっとアカデミックです。

 

あ、でも安心してください。演奏はアカデミックじゃないです(笑)。

なんたって私が参加してますからね。

そもそもきっちり譜面通りは危険危険。

うっかりするとナチュラルフェイクが入るので、他の3人からはサウンドが少しでもおかしいと、真っ先に疑われます(苦笑)。

その代わり、ジャズやポップスでは(クラシックセッティングの楽器ですが)ブリッブリにやらせていただいております。

それにひっぱられてか、小森、中山、真室も、羊の皮を脱ぐ瞬間が多々あり、そこは一見(一聴)の価値アリ。ていうかそこがこのカルテット一番の聴きどころです。

普段きっちりかっちり演奏している彼らの違う一面には萌えますよ〜。

 

そんな我々METEOR、5月、6月にかけて岐阜、各務ヶ原、名古屋のプチツアーを行います。

f:id:kingsupertwenty:20160427233654j:plain

演奏曲目は少しずつ変えます。

会場の雰囲気もそれぞれ個性豊かなので同じ曲でも違う仕上がりになるかと。

 

5/28(土) 岐阜Wonderful World

お酒を飲みつつアットホームな雰囲気でわいわい賑やかに楽しみましょう!

 

6/12 (日)各務ヶ原Cafe&Bar BREATH

子連れママさんに来て欲しいから敢えてティータイム開催。家族みんなで笑顔になりましょう!

 

6/26(日)名古屋 DOXY

しっとり、しかし激しく、ツアー最後の熟成されたアンサンブルが聴けるはず!だよね(震え声)。

 

演奏している我々が心底楽しいこのMETEOR。

きっとその楽しさが伝わり、みなさんも楽しくなると思います。

梅雨空で流星は見えない時期かもしれませんが、こちらの流星はキラキラです。

ちなみに今回来るのは、みずがめ座流星群とうしかい座流星群です。

是非一緒に楽しみましょう!

 

ではでは。

平井尚之