読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イドフリミエログ

場末のサックスプレイヤーから見える風景

アウトプットの難しさを痛感したでござる

なんだか日差しも少し柔らかくなり、吹く風も角が取れてきた感じがしますね。

花粉飛散の悲惨な日も徐々に増え、鼻炎薬にほだされ、ぼやぼやしていた今日この頃でございますが、皆様お加減いかがですか?

 

さて、すっかり報告が遅くなりましたが、先週2/20のお昼、地元一宮のFM局「i-wave FMいちのみや」の昼ワイド「アフタヌーンi」のコーナー「あなたにアイタイム」に出演させていただきました。

f:id:kingsupertwenty:20170228113539j:plain

前回は一昨年だったかな?

一宮在住のサックス奏者としての出演でしたが、今回は「ザ 尾州 ジャズ オーケストラ」の団長としてでした。

 

コーナー冒頭で僕の紹介、それを受けて2〜3分の演奏から入ります。

曲は「Night in Tunisia」。

「ザ 尾州 ジャズ オーケストラ」の最初の合わせで演奏した曲です。

 

テーマはいい調子。

お決まりのタグも何とかOK

 

この後は、ブレイクからのオープンソロからエンディング。

 

と、ブレイクのところで色々と考えすぎ、一瞬迷いが出てしまいました。

 

あーもう、一番決めなきゃいけないのに。

だせえ。だせえなぁ。ださすぎるよぉ。

だから俺はダメなんだよぉ。

そもそも夕べ飲みすぎなんだよう!

 

と、べっこり凹みつつ何とかソロ終了。

パーソナリティーの野田ひさ子さんに導かれトークへ。

 

・肩肘張らないビッグバンドであること。

・吹部経験者や楽器学習者の受け皿として機能したいこと。

尾州産地の応援団でもあること。

・子育てママやパパにも参加してもらいたいこと。

 

などなど、メンタルを立て直し、思っていることはある程度話せたのではないかと思います。

こういう感じに発信を重ねていけば、いつか人口に膾炙していくのではと思います。

 

そうそう、局の女性スタッフが、かつてサックスを吹いていて、セルマー・シリーズⅡを持っているとのこと。

楽器は実家に置いてあり、手元に無いそうですが、是非次回の里帰りの時には取ってきてウチの団員になって欲しいものです。

関係ないですけど、彼女、激辛好きとのこと。

僕も大好きな蒙古タンメン中本が好きだそうで意気投合してしまいました。

 

最近見ない「北極ラーメン」どこかで売ってないかなぁ。

f:id:kingsupertwenty:20170228114156j:plain

 

 

しかし、話すのって難しいですね。

 

文面準備して読み上げるだけじゃ熱は伝わらないし。

かといって準備しないままだと、伝えたいポイントがぼやけちゃうし。

 

普段から自分の考えていることを、まとめる習慣を持たないとな、と痛感。

 

ここ数ヶ月、バンドを立ち上げるのに際し、色んな人に説明したり、発表したり、書いたり、推敲を重ねたことで、その重要性を改めて知った次第。

 

いや、そもそも、やりたいことについての情報を収集し、計画立案、そして実行するっていう、非常にシンプルなことができていないって話ですよね。

 

今までは随分乱暴で無責任だったんだなぁ。

つい楽な方に流れやすい体質だしなぁ。

 

でもそれじゃ社会人失格ですね。

差し当たり「スコアをしっかり読み込む」ってのが実行待ちになっておりますので、それをしっかりやろうと思います。

このブログももっと更新頻度上げなきゃいけないんでしょうけど。

 

あぁ、他にもいっぱい実行待ちの案件があった気がする。。。

ってto doリスト見たらげっそりしてきた。

でも腹はタポタポしてくるばかり。

そろそろ走らねば。